熊本は、水と森の都である。
熊本の地下水を飲み、熊本の空気を吸っているのなら、
水と空気を保全している熊本の木を使って家をたてるのが当たり前。
木材は熊本の葦北から産直し、天然乾燥させ、新建材はできるだけ使用せず、伝統構法による木の家の産直住宅つくりを実践している。
通風を考え、杉板・漆喰・三和土・土壁など
吸湿性のある自然素材を使うことで、暑い熊本でも、エアコンなしの
木の家づくりが可能な場合もある。
(木の家・民家再生・気候風土適応住宅 古川設計室。古川保)



・熊本の木を使い、熊本の職人の手で家をつくる


・熊本は西に海があるから、西や西南から風が吹く。
大きな窓から風を取り込む


・熊本は杉の生産は全国で4位である。杉の木を使うのがよい。
竹や土壁などを使った家づくりを勧めている。

・断熱材は床直下に入れ、床下は解放させる石場建てが良いと考える。
薬剤に頼らない、防蟻対策である。


会社概要 TEL / FAX 096-357-0973 メール

本サイトにおける全ての文章・写真は《転載禁止》です


すまい塾 古川設計室(ふるかわせっけいしつ) 有限会社
©︎2022 Architect Design Office Furukawa All Rights Reserved.