東肥赤酒大正蔵
 西南戦争前まで、熊本の酒といえばみんな赤酒であった。赤酒は、全国でも、熊本市川尻の瑞鷹酒造と山鹿市の千代の園酒造の2社でしか生産されていない。酒飲というよりは、主に料理に利用されている。甘くて味に深みがあり、赤酒で魚や肉を煮ると程よい柔らかさになるので、ホテル料理の7割は使用しているといわれている。 この大正蔵は、赤酒と米焼酎の試飲と展示をしている。料理がうまくなりたい人は是非ご利用を。
 
設計:古川保
施工:榊工務店 
棟梁:榊浩一
建築地:熊本市川尻
竣工:2002年4月