M邸
 建築地:玉名市岩崎
  竣工2008年10月
 土地面積352u
 建物面積132u(40坪)
設計:古川保・赤峰美佐
  施工:ユートホーム  棟梁:田中幸則

 
 松井郁夫さんという建築士が東京にいる。「木組みの家に住みたい」という本を発行している。その本を読んで、当事務所を訪ねられた。それまで大手メーカーの2×4に住んでおられた。高気密高断熱の家と木の家の住み心地の違は、はっきり認識しておられた。2×4は欧米の家づくりが基本なので、冬の寒さ対策は良いが、夏の暑さにはエアコン無しでは生活できない。熊本では夏を旨とした家づくりを基本としなければならない。高気密高断熱仕様は夏結露を発生させ、家の寿命を短くする要素が多くお勧めできない。通し柱に桁を通し、梁を渡りあごで架けている。床下は足固め梁を通し、間仕切り基礎を少なくし床下の風通しをよくしている。よって白蟻予防工事は行っていない。
 
 玄関も土のタタキ仕上げとしている。土と木と紙で構成していて将来ゴミにならない建材でつくっている。