建築地:玉名市大浜
2014年1月竣工
延床面積:192.09u(58坪) 敷地面積:685.79u
設計:古川保・和田恵利子
施工:楠元建設 棟梁:塚田恭孝

 息子夫婦と子供2人、親夫婦の6人家族の2世帯住宅である。生活スタイルの異なる世帯が一緒に住まう場合は、どこまで生活を共にし、また別にするかを十分検討しなければならない。厨房とダイニングはそれぞれ別にし、1階の親世帯の寝室は2階の子世帯部分とかぶらない位置に配している。南側の縁側に面した居間と座敷は続き間であり、そこは2世帯間の共有のスペースとなる。真冬の2月初旬、新築祝いにお招きいただいたが、この日は2月とは思えないほど暖かく、縁側に続く窓を全開にして夕方から夜まで4時間にも及ぶ大宴会であった。この家に使われた木を育ててくれた山主さんとお施主さんの意外なご縁もあり、ひとしお思い出深い家づくりとなったようである。








 


 
 
     
   
縁側は全て外部へ
 
押入れの中の仏壇入れ
 
居間と座敷を続ける