S 様邸 熊本市
2004年2月竣工
延面積101.6u(30.7坪)プラス車庫
施工(有)楠元建設
  棟梁 宮田潤
 
  熊本市の中央部に位置し、周囲は高層の建物が多い。決して住環境が良いとは言えない敷地で、エアコンに頼らない快適な建築が可能か分からなかった。とにかく、風通しの穴を南北東西に開けた。  坂口さんが所有する家具は民芸調が多く、骨董趣味ではないが本物志向が強かった。構造梁に10数本古材を使い、建具も古い舞良戸・透戸を採用した。アルミサッシュは浴室と便所と納戸だけ。数枚の板をずらして開閉する無双窓も2箇所ある。新築ではあるが、何年もここに存在していたかのような住宅である。