爽やかな自然の風と暮らす格子綱戸の家
 木材のヤング率が低ければ断面を大きく使えば良い。 風通しと薪ストーブの活用で、夏は暑くない程度、冬は寒くない程度で満足する。エアコンは無い。

  最近、大工さんは既製品をたくさん使い手間を省き、自分の仕事を無くしている。この家は下駄箱・洗面台・浴室・厨房セット・カップボード・木箱を大工さんの手で作った。他の職人さんの仕事がいっぱいあった。
 
設計:古川保・松村志磨子
施工:ユートホーム 
棟梁:田中幸則
延べ面積:140.53u(42.5坪)
建築地:熊本市
竣工:2005年4月