建築地:熊本県上益城郡

H25年1月竣工

延べ面積  57.24u(17.3坪)

敷地面積  255u

設計:古川保・和田恵利子

施工:ユートホーム
 
     
  「いつか家を建てるなら木の家がいい」と10年ほど前から考えていて、子供の為に小さくてもいいから、自然を感じられるような暮らしができる家にしたいとの要望だった。土地探しからはじまり、とてもいい敷地を見つけられた。桜並木がつづく池のほとりにある閑静な住宅地だった。炎の見える暮らしに憧れ、冬は薪ストーブだけで暖を採る。小さな家なのでこの薪ストーブだけで家中ぽかぽかになる。夏は北側の池から涼しい風が流れてくる。なるべく地下エネルギーを使わずに暮らす生活は、少々不便な点もあるが、それ以上に心地よさと自然の恩恵を感じられる。家のお引渡しの時には早速、お子さんと隣の娘さんがお庭でスコップを持ってお花を植えていた。1月に完成したが、新築祝いを桜の花が咲くころにということでお招きいただいた。桜ごしに眺めるHさんの小さな家は凛としていて気持ちがよかった。