建築地:熊本市渡鹿

H24年5月竣工
延床面積 99.5u(30坪)
 敷地面積165u(50坪)

設計:古川保・小材
   施工:ユートホーム 棟梁:内村

 
 
 以前は閑静な住宅地の川沿いの家に住んでおられた。川からの風が吹いてくる良好な土地だったので、その土地での建て替えを計画した。しかし、なぜかその土地は建て混んでいないのに準防火地域であった。川の対岸が密集しているからだろうか。準防火地域では木製建具の場合コスト高になるし、隣地との段差で擁壁費用もかさむので、この土地に建てることをあきらめて別の新地を購入することになった。
新しい敷地は50坪。親子4人と車3台駐車で手ごろお面積だ。1台はカーポートが欲しいということだった。既成品のカーポートの費用を頂ければ木でつくれないか挑戦してみた。ちょっと野暮ったいが既製品よりましだろう。

 南は往来が多い道路なので家の中が覗き込まれる。生垣を植えた。4種類の木を混植した。樹種を混ぜると成長も違うので背丈も葉張りも違うし、付く虫も違う。そのことで手入れが要らないだろう。スカスカの状態でも2年まてば目隠しになるくらい育つだろう。