2008年3月 
土地面積252u 
述べ面積116.1u(35.4坪)
建築地:菊池郡光の森
設計:古川保・小材美佐 
施工:ユートホーム  棟梁:汐見一久
 
新興住宅地にある。
1種住居地域で、家は密集してなく、北に公園もあり、風が抜けやすい敷地である。
夏は風通しでエアコンに頼らない、冬は薪ストーブで暖を取る生活を目指す。

最近200年住宅というのが流行っている。高性能を目指していて、断熱性能が高く省エネという。
石油はあと50年といわれている。この200年住宅は51年先にはどうするのだろうか。

日本という国はおもしろい。
省エネ技術は世界一で、国民はレジ袋とペットボトルリサイクルで環境意識は高いと言いつつ、エネルギー消費量は右肩あがりで、昨年、電力業者は史上最高の売り上げと利益を出した。長寿命住宅を唱えるなら51年先を見込んで家づくりをすべきではないだろうか。