住宅地の曲がり角にありアイストップになっている。建物の保護のためには、軒は長くしたいが、瓦だと重く感じる。それで、屋根は軒の部分だけをガルバニューム鋼板にして軽くした。
 和室の二間続きも欲しいとの要望があった。居間に畳を敷いて掘りコタツにし、座敷と続けた。2m以上の骨太格子桟組障子は存在感があり、意匠的に居間と座敷を続ける役目を果たす。床の間の裏の障子を開けると、南から入った風が玄関から抜ける仕組みになっている。