Y 様邸 熊本市
2010年10月竣工
土地面積 374.11u
延面積:105.98u(32坪)
設計:古川保・長尾陽子
施工:ユートホーム 棟梁:田中幸則
 
 閑静な住宅地の中の東西に長い敷地である。土地面積が110坪を超えるので平屋建てプランとした。二人の子供はまだ小さいので2ドア1ルームにして東端に配している。居間と子供室の間に座敷をもってきたが、座敷の東西にある建具は引き込みなので、フルオープンすれば居間の隣に子供室があるように感じる。
普通は座敷を玄関横に配置する。以前、座敷といえば来客時の応接が目的だったが、最近はレストランやホテルを応接の場として使う。だったら座敷は不要といえばそうではない。正月など季節に家族内のけじめの行事として使う。そしたら4人家族だと4.5畳で充分広い。
 平屋で横並びの場合、中央の部屋は風通しが悪い。普段使用しない座敷をあてたというのも理由のひとつである。
 都市ガスがきている地域だと、エコウィルを採用し床暖房にすればガス料金が3割引きになる。ボイラー運転時に出る熱で電気を3000円/月分も発電する。自分は使わない昼の発電電力を48円/Kで売り、補助金で儲かるという太陽光発電装置は疑問である。20年を超える太陽光発電の原価償却より、7〜8年で償却がおわるエコウィルの方がよい。
床暖房装置は堀こたつの中にもパネルを入れ込んでいる。