調整区域の中に建つ家 H様邸
建築地:熊本市
竣工2007年4月  土地面積:858 M2 延べ面積:162.19M2(49坪)
設計:古川保・長尾陽子  施工:ユートホーム棟梁:田中幸則
最初に声がかかったのは5年前のU様邸を見学されてからだった。数件の家を見学された。木の家は利点もあるが欠点もある。利点だけ取り入れるわけにはいかない。自分の意思、納得いく間取り、仕様を決めていった。

最近の建て主は早急に完成を願うし、設計士も金利が上がるとか言って、急がせる。少しはOさんを見習って欲しい。ちなみに子供室の柱は、子供さん自身が山に行って、枝降ろしをした柱である。防蟻処理をしなくてよいように、基礎の立ち上がりはほとんどない。床下は風通しが良いので、和室の小上がりに風の取り入れ口がある。