Y 様邸 熊本市
2004年4月竣工
延面積 127.6u(38.6坪)
施工(有)ユートホーム
棟梁 田中幸則
 
 Yさんは、S社で契約寸前だった。見積もりで、外壁はサイデング・内部はクロス貼りなのに価格の高さには理解出来ない。最近急成長している○○ホームと内容は同じ程度なのに価格は倍半分。S社は構造梁が集成材であることを、わが社の独特の工法だと自画自賛するらしい。無垢材の1.5倍の強度があるという説明に消費者は惹かれる。強くなった分、梁の断面は小さくしてあることは言わない。

  そのS社に疑問を持った人が当社への依頼が結構多い。
 
 物事には利点と欠点がある。利点だけ説明して欠点を言わない商売は、そのうち社会からソッポを向かれる。和風で木の家と思っていたら、外材・接着剤・ビニールの家だったと落胆しての来社である。
  Y様邸の構造は日本の田の字間取りの伝統工法を踏襲している。4本の大黒柱は基礎最下部から母屋頂部まで7Mの一本ものである.この大黒柱に基礎下で根固め梁を挿し、床梁・小屋組み梁も挿している。18センチの柱は見かけで大きくしているのではなく、木組み工法で柱に梁を挿すために18センチが必要なのだ。