↑再生後

 最近の日本の住宅の寿命は、30年程度と言われている。100年の歴史を持つ民家に住むT氏は、家屋の傷みが激しかったこともあり、解体新築を計画したものの、やはり力強い梁や柱を失いたくはなかった。そこで、部分的に傷んだ柱を取り替え、壁を塗り替え、屋根を葺き替え再生することにした。昔の民家は、暗い・寒い・間取りが悪いという欠点がある。そこで、寒いに対しては、床・壁・天井に断熱材を入れた。
 間取りは構造上、東西南北の2間スパンの柱さえ残しておけば、あとは自由に改築ができる。南側に居間を移し、南北一体の部屋をとり、アルミサッシュは引き込みの大きな木製ガラス戸建具に替え、部屋内を明るくした。冬は暖かく、夏は風通しがよく、又新建材をほとんど使用していないので、最近問題のシックハウス病とは全く無縁の建物となった。
 T氏は、これからもまた100年生き続けるだろう。

  ↑再生前