この家は、熊本市内にあった古い土蔵を、阿蘇根子岳が一望できる高森町に移築再生したもの。
 「今時の家は新築時が最高で、あとは価値が下がる一方。それに比べて古材を使った家は器自体がしっかりしているから、あとは住み手次第。思いをかければかけるほど個性的ないい家になっていく。そこが一番の魅力ですね」と施主は語る。
   
再生前 ↑